freeeees!!

フリースの生地がもっている特徴について

寒い時期に着用することが多いフリースは暖かく速乾性があり、軽い生地でできています。このようなフリースの生地として使用されることが多く一般的なのがポリエステルです。ポリエステルの種類の中でも、素材として使われることが多いのがポリエチレンテレフタラートというもので、これはペットボトルを作る際に使われる素材と同じです。なぜフリースが暖かいかというと生地が繊維に空気をためることができるように処理されているためであり、体温を蓄えることができ寒い空気を遮断することができます。通気性も良いため乾きやすいのも特徴です。風が強く寒い日に、重ね着をすると寒さの対策としてとても効果的です。洗濯をする際に丸洗いができることも魅力であり、摩擦にも強いです。より長く保湿性を保ちたい場合は干す際に陰干しをすることで痛みを少なくすることができます。メンテナンスの方法を知ることで、暖かさを感じながらおしゃれを楽しむことが可能です。

フリース生地で手作り小物

フリース生地を使った衣服は、軽くて暖かく、洗濯しても比較的乾きやすい事もあり、ここ数年で爆発的な売れ行きでヒットしました。皆さんも1つくらいは、フリースのアイテムをお持ちではないかと思います。100円ショップなどでもひざ掛けや手袋、帽子、マフラーなどが簡単に手に入ります。出先などでちょっと肌寒いと感じても、買えるので大変便利です。そうした便利な生地を最近では、手芸屋さんでも多く見られるようになりました。柄やカラーも豊富ですし、加工も簡単ですので、自分だけのオリジナルの小物を作ってみるのも良いかもしれません。市販されている物も確かに便利ですが、自分の使いやすいサイズで作るのも手作りの醍醐味だと思います。ハンドメイドの経験がない場合、いきなり、難しい物を作るのはちょっと大変ですので、なるべくシンプルな直線縫いなどで作れるような物がお薦めです。自分で作った物は愛着がありますし、寒い冬も更に暖かく過ごせそうですね。

おすすめWEBサイト 5選

Last update:2017/2/1

ページトップへ▲